「渋沢栄一」今井博昭著

公開日: 更新日:

 日本最初の銀行をはじめ、生涯に500社を超える企業の創立・運営に関わった日本の「近代資本主義の父」の青年時代を描く評伝。

 その人、渋沢栄一は天保11(1840)年、現在の埼玉県深谷市の豪農の家に生まれた。17歳の時、父の名代として面会した代官の高圧的な物言いに反発し、幕府政治に疑問を抱く。やがて尊王攘夷に傾き、討幕計画を進めるが、幕府に捕まった仲間を救出するため、悩んだ末に一橋家に仕官。会計・財務にたけた栄一は、使節団の一員として渡欧し、多くのことを学ぶ。

 その渡欧中に明治維新を迎え、帰国した栄一は、請われて明治政府の官僚として働き始める。

 農民生まれの栄一が、34歳で実業界に転じるまでの波乱の半生を描く。

(幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード