「評伝 孫基禎」寺島善一著

公開日: 更新日:

 1936年、ナチス政権下で開かれたベルリン・オリンピック最終日。日本代表としてマラソンに出場した孫基禎が、オリンピック新記録を出して金メダルを獲得した。しかし、彼に笑顔はなかった。涙をかみしめるようにうつむいて、「君が代」が流れると、表彰台で渡された月桂樹の枝で、胸に付けられた日の丸を隠した。精いっぱいの抵抗だった。

 日本の植民地時代、祖国朝鮮を離れ、日本人として走らなければならなかったランナーの生涯を追った評伝。孫基禎の生き方とスポーツ哲学は、商業主義オリンピックに浮かれ、歴史修正主義者がはびこる今の日本を、鋭く突き刺す。

 孫は1912年、朝鮮半島の北部、新義州で生まれた。極貧の中で育ち、遊び道具もなく、鴨緑江の岸辺をひたすら走ることに熱中した。そうした日々が長距離ランナーとしての飛び抜けた資質を開花させていく。

 篤志家の学費援助もあって陸上競技の名門高校に進学し、空きっ腹と闘いながら走った。学校代表として日本遠征に参加、目覚ましい活躍を見せて、ベルリン・オリンピック日本代表の道を歩み始める。

 選考過程での差別と侮辱に耐え、実力で代表の座を掴み取った。

 オリンピック優勝の翌年、明治大学に入学。しかし、走ることを禁じられ、箱根駅伝への出場も許されなかった。

 朝鮮人に自信を持たせ、独立運動につながることを恐れた権力の非人道的な仕打ちだった。

 日本の敗戦後、孫は韓国の陸上競技界の発展に努めるとともに、スポーツによるアジアの連帯と平和の実現を希求し、多彩な活動を行った。日本を恨むことなく、プロ野球を通じた日韓交流やサッカーW杯の日韓共催に尽力した。

 2002年、孫基禎は、日韓共催W杯の実現を見届けて、世を去った。最期の言葉は、「箱根駅伝を走りたかった」だという。

(社会評論社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

人気キーワード