「夢みる名古屋」矢部史郎著

公開日: 更新日:

 名古屋はすべてが整然と並べられ、まるでアメリカの街路のような寒々しさでアジア的な潤いがない。名古屋城の城下には、近世に造られた碁盤割りの町地があったが、戦中に空襲の延焼を防ぐために住民を立ち退かせ、空き地にした。戦後復興都市計画で、ここに久屋大通、若宮大通の2本の100メートル道路が新設された。この100メートル道路が名古屋の中心街、栄の買い物客の賑わいを遮っている。デパートや歓楽街が集積しているのにハイヒールを履いている女性が見られない。ハイヒールでは、この街の横断歩道を渡りきることはできないからだ。

 ほかに、中京デトロイト化計画などを取り上げて、名古屋を読み解く都市論。

(現代書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る

人気キーワード