「静おばあちゃんと要介護探偵」中山七里著

公開日:

 東京高裁の元判事の高遠寺静は80歳。名古屋法科大学創立30周年で記念講演したとき、聴講席の最前列にいた車椅子の老人に「あんたの講話は面白くないな」と言われた。地元の不動産会社社長の香月玄太郎だった。

 立食パーティーで香月ととげのある言葉の応酬をしていたら、突然、ごう音が響いて窓ガラスが割れた。大理石の台座に金色のオブジェを乗せたモニュメントが破壊され、その中に死体が……。それはそのモニュメントを制作した彫刻家の櫛尾奈津彦だった。

 モニュメントが建立されたのは5年前だが、櫛尾の死亡推定時刻は一昨日から昨日だという。

「二人で探偵を」など、老老コンビが難事件に挑む短編5編。

(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る