「千年図書館」北山猛邦著

公開日: 更新日:

 村の湖が夏至を過ぎても凍ったままなのは古くから凶兆といわれてきた。長老たちは、村の存続のため、これまでと同じく西の果てにある島の「図書館」に村人から選んだ「司書」を捧げることを決める。選ばれたのは13歳の少年ペルだった。

 冷たい水で清められ籠に押し込められたペルは、川に投げ込まれ島に漂着。助けてくれたのは、2年前に同じように司書として捧げられたヴィサスだった。図書館は見たこともないような大きな建物で、さらに地下にはその何倍もの大きさの書庫があるという。ヴィサスによると、司書の仕事は本が収められた「頑丈な箱」を地下の書庫に運び込むことだという。(表題作)

 最後の一行に鮮やかなどんでん返しが待っている作品集。

(講談社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る