「むらさきのスカートの女」 今村夏子著

公開日: 更新日:

 1週間に1度くらいの割合で、パン屋にクリームパンを買いにくる「むらさきのスカートの女」。近所の公園には「むらさきのスカートの女専用シート」と名付けられたベンチまである。彼女は勤め先がころころ変わって働いたり働いていなかったりする。

「わたし」は彼女と友達になりたいと思って、自分の職場に彼女を就職させようと試みた。いつものベンチに無料の求人情報誌を置くと、彼女は目に留めてぱらぱらめくっているが、蛍光マーカーで丸をつけてあるのに、関係ない石鹸工場やら肉まん工場に面接に行くばかり。「わたし」の職場に面接の申し込みをするのに3カ月かかった。

 得体の知れぬ女を観察し続ける奇妙な物語。第161回芥川賞受賞作。

(朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る

人気キーワード