「むらさきのスカートの女」 今村夏子著

公開日: 更新日:

 1週間に1度くらいの割合で、パン屋にクリームパンを買いにくる「むらさきのスカートの女」。近所の公園には「むらさきのスカートの女専用シート」と名付けられたベンチまである。彼女は勤め先がころころ変わって働いたり働いていなかったりする。

「わたし」は彼女と友達になりたいと思って、自分の職場に彼女を就職させようと試みた。いつものベンチに無料の求人情報誌を置くと、彼女は目に留めてぱらぱらめくっているが、蛍光マーカーで丸をつけてあるのに、関係ない石鹸工場やら肉まん工場に面接に行くばかり。「わたし」の職場に面接の申し込みをするのに3カ月かかった。

 得体の知れぬ女を観察し続ける奇妙な物語。第161回芥川賞受賞作。

(朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る