「花折」花村萬月著

公開日: 更新日:

 主人公は、画家の父と性にあけすけな母のもとで育った鮎子。父の下で幼児の頃から絵の英才教育を受け、当然のように東京芸術大学に進学した。鮎子に熱い視線を寄せる同級生には全く興味が持てず、興味をひかれたのは大学の裏山に住むホームレスの男。イボテンと名乗るその男は鮎子を小屋に誘い、体の隅々まで指先で測定した上で体の関係を結ぶ。

 それから、明けても暮れても四六時中セックスをする関係になったが、夏休みで帰省しているうちにイボテンと名乗る男は鮎子のヌード画を残して自殺していた。鮎子は死んでしまったイボテンの才能と、強烈な性体験に支配されるようになっていた……。

「ゲルマニウムの夜」で第119回芥川賞を、「日蝕えつきる」で第30回柴田錬三郎賞を受賞した著者による最新作。若き女性芸術家の主人公が、高校の担任教師、類いまれなる絵の才能を持ったホームレスの男、小説家の男など、自分を欲しがる男たちを翻弄していく。

 鮎子からインスピレーションを得て小説に没頭していく小説家など、すべてを芸術へと転化させずにはいられない芸術家の生が濃厚に描かれている。

 (集英社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る