北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「から揚げの秘密」石井睦美著

公開日: 更新日:

 食品会社に就職した樋口まりあ(通称ひぐま)を主人公にした連作集のパート2である。前作の「ひぐまのキッチン」も読ませたが、今回も快調だ。

 樋口まりあは社長秘書として採用されるのだが、その重要な仕事のひとつに、社長に面会に来る客に、必要に応じて昼食を作って出すということがある。

 食品会社という性格上、社内に大きなキッチンがあり(総勢30人が余裕で入れるほど大きいので、年に2度の社員慰労会は、ここで行われる)、シンク横には大きな鉄板まである。

 ただし、社長に面会に来る客は、それぞれの道のプロでもあるので、提供するのが何でもいいというわけではない。少しは感心してもらいたいので、そのたびにまりあは頭を痛めることになる。

 たとえば、第4話「冷し葛うどんにあったか赤飯」は、日本一の葛の産地である鹿児島で葛粉を作っている会社の人がやってくるので昼食を用意する話だが、意外な展開になるのがキモ。食というものがその人の人生と切り離せないものであることを示す挿話だが、目先だけの話で終わらず、こういう広がりを持つのもこの連作集の強みといっていい。お仕事小説は花盛りで、特に「食」に関する小説は多いけれど、これは強力な一冊だ。

 シリーズ第2作とはいっても、内容的に続いているわけではないので、安心して手に取られたい。

 (中央公論新社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る