北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

 明治10年の西南戦争を描いた小説は少なくないが、本書は新たな角度から描く小説だ。

 主人公・志方錬一郎は、大阪の与力の跡取り息子だが、幼いときから丁稚奉公に出され商人として育った青年である。だから経済が重要な要素として絡んでくるのがキモ。

 彼が西南戦争に参加するのは、武功を立てれば仕官の道も開かれると考えたからだが、政府の徴募に応募してきたのは、一癖も二癖もある連中ばかり。まず身の丈6尺もある巨漢・松岡。体だけでなく言動も乱暴な男で、博打に目がない。次に、料理人の沢良木。食事を作る人間も必要であるから、「壮士」の中にはこんなやつもいる。どう見ても戦いには不向きだが、陰気な三木もそのひとり。この男は書類仕事をさせると右に出る者はいないほど有能だが、とても戦う男ではない。17歳ながら分隊長に任命された錬一郎の部下が以上の3人なのである。

 この設定に見られるように、犬養毅も乃木希典も西郷隆盛も登場するが、瞬間すれ違うだけで(犬養毅だけは濃密につながるが)、多くは無名人たちのドラマとして展開していく。薩摩側も政府側も、地元民からすれば、土地を荒らし収穫物を奪っていく理不尽な存在にすぎない。そういう背景のもとに、錬一郎の分隊は戦場を疾駆していく。

 登場人物がいきいきとしていることと(特に体を売る少女・鈴が印象的だ)、余韻たっぷりな60年後のエピローグがいい。

 (文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る