北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ケイトが恐れるすべて」ピーター・スワンソン著、務台夏子訳

公開日: 更新日:

 通常のミステリーを読み慣れている人が本書を読むと、あれれっと思う。通常のミステリーとは、殺人事件が起きて、それを警察が調べるというミステリーである。本書はそういう小説ではない。

 殺人事件は冒頭に起きる。この長編はそこから始まっていく。しかし通常のミステリーのように、犯人捜しはなかなか始まらないのだ。では何が始まるのか。

 死体が発見されるのは、ボストンのコービンが住むアパートだ。またいとこのコービンと半年だけ部屋を交換して、ケイトがロンドンからやってきた翌日である。隣室から女性の死体が発見されて本書の幕が開く。

 そこから始まるのは、ケイトの過去である。このヒロインは何かにずっと怯えているのだが、なぜ怯えているのか、過去の出来事が克明に描かれていく。まず、これが読ませる。続けて、ロンドンに移ったコービンの過去も描かれるが、こちらも凄まじい日々で、どんどんこの物語に引きずり込まれていく。

 死んだ女性の向かいに住んでいた男とか、さらに知り合いとか、そういう怪しげな人物が次々に現れて、やがて混然一体となっていく。きわめつきは他人の部屋に入り込んでじっとしているやつで(こいつは住人の歯ブラシを口にくわえたりする!)、いやあ、薄気味悪いこと。気がつくとこの小説にどっぷりとつかっているのだ。特異な読書体験と言えるだろう。この秋、いちばんのおすすめだ。

 (東京創元社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る

人気キーワード