北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「お願いおむらいす」中澤日菜子著

公開日: 更新日:

 年に2回、春と秋に東京郊外の広大な公園の一角を借りて開かれる「あらゆる食のお祭り」、通称「ぐるフェス」を舞台にした連作集である。冒頭の一編は、主催者の話。とはいっても、「ぐるフェス」事業部に配属された新入社員の話である。

 浜口太一24歳は売れないギタリストだったが、5歳年上の綾香の妊娠をきっかけに、ロック系雑誌の出版やイベントを主催している業界の老舗に就職する。「音楽業界に身を置く」ことに変わりはないと自分に言い聞かせるのだが、配属されたのは「ロックフェス事業部」ではなく、「ぐるフェス事業部」だったというわけ。音楽業界の老舗がまさかグルメイベントをやっているとは知らなかったのだ。というわけで、いきなりその会場に連れてこられるが、揉め事の連続に東奔西走。雨は降ってくるし、この仕事は絶対に自分に向かないと思うし、さあ、どうする太一、という短編だ。

 対照的な人生を歩む姉妹を描くものもあれば、曲がり角のアイドルなどが語り手となるものもあり、さらには、中堅の家電メーカーをリストラされ、再就職もうまくいかず、この「ぐるフェス」をはじめ、いくつかのアルバイトを転々として生活費を稼いでいる男を描く短編まである。若者から初老まで幅広い作品集なのである。みんな負けるな、と声援を送りたくなってくるのは、この連作集の力だろう。おすすめだ。

 (小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る