「絶声」下村敦史著

公開日: 更新日:

 7年前、“昭和の大物相場師”と呼ばれた堂島太平が行方不明になった。もうすぐ丸7年が経過し、失踪宣告がなされ、巨額の遺産が長男の貴彦、長女の美智香、次男の大崎正好の3人に相続されることに。正好は後妻の息子で、17年前に母と一緒に堂島家を追い出された。貴彦・美智香は自分たち親子を追いやった仇敵だが、3等分しても3億円が転がり込んでくる。三人三様、喉から手が出るほど金が必要で、互いに疑心暗鬼を抱きながら手を結ぶことになった。

 あと少しで遺産が手に入るというとき、父名義のブログが更新されていたことがわかる。太平は失踪当時、末期膵臓がんを患っており、とっくに死んでいるものと思っていた3人は驚愕する。本当に太平はまだ生きているのか。このままでは遺産が水泡に帰してしまう。ブログは偽物だと証明しようと躍起になる3人だが、ブログには本人しか知り得ない事実が次々に明かされていく……。

 突如現れた父の“声”に導かれるように闇へと追い込まれていく3人。意想外な結末が待ち構える極上ミステリー。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る

人気キーワード