「ふしぎな鉄道路線」竹内正浩著

公開日: 更新日:

 明治2年、新政府は東西両京(東京・京都)を結ぶ幹線と、各支線の鉄道建設を正式決定。当時は地形図すらなく、鉄道敷設案の策定は困難を極めた。

 費用や工期を抑えるためトンネルや橋梁工事を避けなければならず、当初、「両京幹線」は中山道沿いでの建設が予定されていたという。政府内には反対派も多く、幹線鉄道計画は遅々として進まなかったが、西南戦争の折に鉄道が軍事輸送で大きな役割を果たし、反対派の軍部の認識も変化。工事計画が具体化すると中山道線には建設工事が困難な難所が多いことが判明し、東海道経由に変更され、計画から20年後にようやく開通したという。

 全国の鉄道路線がなぜそこに敷設されたのか、地形や軍部による介入の歴史から解説した鉄道ファン必読本。 (NHK出版 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る