「どう変わったか?平成の鉄道」松本典久著

公開日: 更新日:

 平成は鉄道界が飛躍的な進歩を遂げた時代であった。

 新幹線網の拡大もそのひとつで、元年に着工し、いまでは金沢まで開通した北陸新幹線や九州新幹線(鹿児島ルート)、ほかにも山形新幹線、秋田新幹線も平成生まれである。

「トワイライトエクスプレス」をはじめとするクルージングトレインの発展も平成に入ってからで、485系電車など特急型車両を使った「リゾートエクスプレスゆう」やE655系「なごみ―和」など年月が進むにつれ、種車も変化していく。

 その他、地下鉄と私鉄間ネットワークの強化や路面電車やモノレールの都市交通の移り変わりまで。

 記録写真とともに鉄道の変遷を振り返る。

(交通新聞社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

もっと見る

人気キーワード