「税のタブー」三木義一著

公開日: 更新日:

 タブー視されている税金問題や不公平税制を取り上げ、その成り立ちから解説したテキスト。

 例えば、自らを律して税負担や税の使い道に公正で潔癖でなければならない立場の政治家が、沈黙し、一向に正そうとしない課税問題を指摘。一定規模の政党は、政党交付金を受け取るために法人格を認められ、原則非課税。収益事業にしか見えない「パーティー開催事業」や、出版事業なども課税対象外であることに疑問を投げかける。

 また、一般的な事業継承には相続税が発生するが、政治団体を利用した政治家の相続税回避の実態など、知れば知るほど呆れる。

 他にも宗教法人非課税制度や酒の販売免許制度など。税金への素朴な疑問を取り上げ、複雑、不公正な税の実態を告発する。

(集英社インターナショナル 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る