「税のタブー」三木義一著

公開日: 更新日:

 タブー視されている税金問題や不公平税制を取り上げ、その成り立ちから解説したテキスト。

 例えば、自らを律して税負担や税の使い道に公正で潔癖でなければならない立場の政治家が、沈黙し、一向に正そうとしない課税問題を指摘。一定規模の政党は、政党交付金を受け取るために法人格を認められ、原則非課税。収益事業にしか見えない「パーティー開催事業」や、出版事業なども課税対象外であることに疑問を投げかける。

 また、一般的な事業継承には相続税が発生するが、政治団体を利用した政治家の相続税回避の実態など、知れば知るほど呆れる。

 他にも宗教法人非課税制度や酒の販売免許制度など。税金への素朴な疑問を取り上げ、複雑、不公正な税の実態を告発する。

(集英社インターナショナル 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード