「罪と祈り」貫井徳郎著

公開日: 更新日:

 元警官の濱中辰司が隅田川で死体となって発見された。当初は事故と思われたが、側頭部に殴られた痕があり他殺の線が浮上する。息子の亮輔が知る辰司は、正義感が強く実直な警官であり、人から恨まれるようなことはなかった。では、なぜ殺されたのか。

 一方、亮輔の親友で辰司に憧れて刑事になった芦原賢剛は、偶然にも辰司の事件を担当することになり、2人それぞれに辰司の死の真相を探っていく。

 亮輔は、以前の辰司は明るかったが、昭和から平成に変わった頃、賢剛の父で親友だった智士が自殺してから性格が一変したことを知る。加えて辰司が、その自殺の少し前に起きたある女性が育児放棄で子供を死なせた事件と、身代金を受け取ったまま逃げおおせた誘拐事件に関する記事をスクラップしていたこともわかる。自殺、育児放棄、誘拐、この3つの事件と辰司の死は、どう関係しているのか?

 現在の亮輔と賢剛、過去の辰司と智士という2組の友情を交互に配しながら、事件の背後に横たわる時代との葛藤と悲哀を描いた長編ミステリー。

(実業之日本社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る