「秋山善吉工務店」中山七里著

公開日: 更新日:

 自宅が全焼して、父親の史親を失った小学4年の太一は、母の景子、中学生の兄・雅彦と父の実家・秋山工務店に移り住む。大工の棟梁で、昔かたぎの義父・善吉が苦手な景子は、仕事を見つけ、家族だけで暮らすつもりだ。転校して数日後、太一はクラスのボス・彰大から自分のグループに入るよう誘われるが、不穏な空気を感じ、きっぱりと断る。翌日から、彰大とその取り巻きによるいじめが始まる。

 異変に気づいた雅彦のアドバイスを受け、彰大らに抵抗した太一だが、いじめはますますエスカレート。身を守るため、武器代わりにしようと仕事場で工具を物色していた太一は、善吉に見つかってしまう。(「太一、奮闘する」)

 善吉が次々と困難が降りかかる太一一家を守る人情ミステリー。

 (光文社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る