「百舌落とし」逢坂剛著

公開日: 更新日:

 引退した大物政治家・茂田井が、首筋に千枚通しを突き立てられて絶命している姿で発見された。しかも被害者の茂田井が撮影した写真には、何者かによって飛べないようにテグスで足を縛られた上、まぶたを縫い合わされた野鳥の百舌の姿が写っており、被害者の上下のまぶたも同じように縫い合わされていたのだ。その残忍な手口から、かつて武器輸出と政権の癒着を巡って関係者が次々と不審な死を遂げた伝説の殺し屋「百舌」による犯行が疑われた。一連の事件は、まだ続いていたのか。危機感にかられるこれまで捜査に関わってきた警視庁の倉木美希と私立探偵の大杉良太は、身の危険を感じながらその核心に迫っていくのだが……。

 本作は、「百舌の叫ぶ夜」から「墓標なき街」まで30年以上続いてきた同シリーズの待望の完結編。表題「百舌落とし」とは、飛べない百舌をおとりにして、寄ってきた他の鳥をつかまえる手法のこと。茂田井の殺害は次の殺害のおとりではないかという疑心暗鬼のなかで行われる、正体不明の殺し屋・百舌と捜査班の攻防がスリリング。黒幕との対決シーンまで一気に読ませる。

(集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る