南極大陸の氷の下にはナチスの基地が眠っている!?

公開日: 更新日:

 南極大陸には住人がいない。これは世界中の人々が常識として信じていることだが、実は厚い氷の下には、かつてナチスが秘密基地を建設していた……。
 世界にはこのような信じがたい噂があまたある。デヴィッド・サウスウェルほか著「世界の陰謀・謀略論百科」(内田智穂子訳 原書房 4500円+税)では、90件の不可解な事件や隠蔽された出来事について、その証拠や黒幕を検証している。
 南極大陸は多くの強国が署名した条約に基づいて管理され、膨大な天然資源の発掘や探索が禁止されている。どの政府も環境保護より経済発展を優先させているにもかかわらず、南極にだけは手を付けず、忠実に条約を守っている。これはいささか奇妙な話だ。
 1938年、ナチスは大規模な南極探査を行い、第2次世界大戦中ずっと滞在していたことが知られている。1946年にはアルゼンチン沖から南極に向かうドイツのUボートが多数目撃されていたという。そして1947年、アメリカ海軍が内容非公開の任務で1万人以上の部隊を率いて南極に向かい、その大勢が死亡するという出来事が起きている。ところが、この不可解な探検は機密扱いとされており、70年が経ちネットが普及した現在でも詳細な情報を入手することはできない。
 これらの理由から、南極にはナチスが残した秘密基地が隠されており、アメリカ海軍の大量死亡事案も含めて各国政府が一般市民に隠しておきたい真実が眠っているといわれているのだ。
 真珠湾攻撃やチャレンジャー号爆発事故、ジョン・レノンやマーティン・ルーサー・キングの死に至るまで、あらゆる陰謀論に迫る本書。あなたの信じていた世界が百八十度変わるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る