次に絶滅するのはホモ属最後の一種である人間!?

公開日: 更新日:

 過去6億年の間に、地球では生物の大量絶滅が6度も起きた。中でも最大だったのが2億5000万年前のペルム紀末期で、海洋生物のおよそ96%が絶滅に至ったという。

 池田清彦著「もうすぐいなくなります」(新潮社 1300円+税)は、“絶滅”をキーワードに読み解く生物史。生物の絶滅の原因やプロセス、そして絶滅の危機にひんする生き物たちを紹介している。

 大量絶滅の原因には環境の激変が知られているが、特に大きなカタストロフィーがなくても、徐々に衰退し、絶滅に向かうという例も少なくない。例えば、長鼻類に分類されるゾウである。

 現在、アフリカゾウとアジアゾウ、そしてマルミミゾウの3種類が存在しているが、実はこれまでに見つかっている化石種(化石として発見された種)は、170種にも上る。それだけ多様化していたにもかかわらず、ゾウは大量絶滅によって3種類にまで激減しているわけだ。

 生物学者である著者は、その背景にゲノムのシステム自体の硬直があると分析している。つまり、環境の変化などがあったときに、新しい突然変異をする能力が枯渇し、環境に適応する個体を生み出せなくなる。生物は行き着くところまで行くと、遺伝的な多様性を増やすことができなくなり、進化も止まり、やがて衰退、絶滅に向かうというのだ。

 現生人類は、76億もの人口を擁して繁栄し続けているように思われるが、ホモ・サピエンス以外のヒトの種はすでに絶滅し、私たちはヒトの系統としては最後の一種である。種の寿命が尽きるか、あるいは天変地異が起きたとき、700万年前に始まったヒトの系統は、完全に絶滅する。タイトルのように、“もうすぐいなくなる”のは、人間かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る