銭湯の外観がお寺風なのは関東大震災の影響

公開日: 更新日:

 電気ポットやホットプレートなど加熱する機器は、コードが磁石式になっていて、くっつくタイプのものが多い。あれ、いったいなぜなのか知っているだろうか。答えは、足を引っかけた時にコードがすぐに機器から外れるようにするため。機器本体ごとひっくり返ってやけどをするのを防ぐためなのだ。

 私たちの身の回りには、“いったいなぜだろう”と思いつつ、知らないままで過ごしているものも多い。

 話題の達人倶楽部編「1分で相手を引き寄せる雑談のきっかけ1000」(青春出版社 2000円+税)では、そんな疑問を1000個収録している。

 最近ではビルの中に造られたスーパー銭湯も増えているが、昔ながらの銭湯の外観を見てみると、多くがお寺風の造りになっていることに気づく。しかも、特に東京周辺にはそのような建物が目立つ。その理由には、大正12年に起きた関東大震災が関係しているという。地震によって東京中の銭湯が甚大な被害を受け、市民生活にも大きな影響を与えた。

 そこで大活躍したのが、津村亨石という大工。津村は宮大工の技術を持っており、地震が来ても壊れにくい建物をと考え、お寺の造りを採用したのだという。立派な瓦屋根を持つ銭湯の評判は口コミで広がり、次々にお寺風の銭湯が増えていったというわけだ。

 夜間、飛行機が着陸する際に機内の照明を消すことが多いのは、事故が起きて外に脱出する際、機内が明るいままだと目が暗さに慣れずに脱出用シューターを滑り損ねる恐れがあるため。雨が降る直前の雲が濃い灰色になるのは、雲の粒が大きくなって太陽光を反射しにくくなるため等々、誰かに話したくなる会話のタネが満載。会社で、家庭で、話してみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る