天才物理学者が“時間”の常識を根底から覆す

公開日: 更新日:

 現代人が、追われたり縛られたりしている“時間”。ところで、時間とはいったい何なのか。カルロ・ロヴェッリ著、冨永星訳「時間は存在しない」(NHK出版 2000円+税)では、スティーブン・ホーキング博士の再来ともいわれる物理学者が、時間の正体に迫っている。

 それは、誰にでも共通なわけではなく、相対的な存在であり、宇宙の至るところで異なる時間の流れがあると著者はいう。ブラックホールの近くでは、極めて強い重力によって時間の進み方が遅くなり、そこでの一瞬が他の場所の永遠にも匹敵する。

 もっと身近な場所でも似たようなことは起こる。高い山の頂上にいる人と平地にいる人では、受ける重力の大きさが違うために時間の流れが違う。知覚できないにせよ、平地の方が重力が大きいため、山頂にいる人よりも時間がゆっくりと進む。同じ理屈で、猛スピードで移動している人も、じっとしている人より時の流れが遅くなるのだ。

 さらに著者は、“今”という概念も物理学で覆してみせている。例えば、ニューヨークに出張中、東京に住む恋人に「今、何してる?」と電話をかけたとする。しかし、この質問は意味をなさない。なぜなら、“今”というのは局地的な存在であるためだ。

 恋人の声が東京からニューヨークに届くまでには、数ミリ秒の時間を要する。つまり、あなたが知り得るのは恋人が数ミリ秒前に行っていたこと。遠くにあるのは過去であり、この瞬間よりも前に起きた出来事。“今”というのは、場所に縛られた概念であり、場所と切り離された時間はないと解説している。

 時間の常識を根底から変える本書。明日から、あなたの周りの時間の流れも変わるかも?



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    新型コロナ“入院難民” 6都道府県で1万4000人の衝撃予測

  9. 9

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  10. 10

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

もっと見る

人気キーワード