「大化改新の黒幕」小林惠子著

公開日: 更新日:

 古代史上最大の事件のひとつ「大化改新」の真相に迫る歴史エッセー。

 日本書紀は、645年に中大兄皇子と中臣鎌子(鎌足)が天皇をないがしろにしていた蘇我一族の入鹿を暗殺したと記す。

 この「乙巳の変」後に即位したのは、蘇我氏滅亡の功労者である中大兄ではなく、彼の母親・斉明天皇の異母弟と称する孝徳天皇だった。孝徳の父親は書紀にその名が見当たらず、なぜこのような出自不詳の人物が即位できたのか著者は疑問を投げかける。

 さらに661年、中大兄は唐から百済を奪還すべく出兵する(白村江の戦い)が、なぜ倭国の皇太子が百済の再興を志したのか。明治時代に「大化改新」と名付けられた乙巳の変に始まる一連の社会改革を、東アジア全体に関わる政変として読み解く。

(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る