「大化改新の黒幕」小林惠子著

公開日: 更新日:

 古代史上最大の事件のひとつ「大化改新」の真相に迫る歴史エッセー。

 日本書紀は、645年に中大兄皇子と中臣鎌子(鎌足)が天皇をないがしろにしていた蘇我一族の入鹿を暗殺したと記す。

 この「乙巳の変」後に即位したのは、蘇我氏滅亡の功労者である中大兄ではなく、彼の母親・斉明天皇の異母弟と称する孝徳天皇だった。孝徳の父親は書紀にその名が見当たらず、なぜこのような出自不詳の人物が即位できたのか著者は疑問を投げかける。

 さらに661年、中大兄は唐から百済を奪還すべく出兵する(白村江の戦い)が、なぜ倭国の皇太子が百済の再興を志したのか。明治時代に「大化改新」と名付けられた乙巳の変に始まる一連の社会改革を、東アジア全体に関わる政変として読み解く。

(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る

人気キーワード