「きちんと理解する イギリスの歴史」内藤博文著

公開日: 更新日:

 世界史を先取りし、各国の歴史と交錯するイギリスの歴史に通じるということは、世界史のキモが分かるということ。そんなイギリス史をおさらいする歴史テキスト。

 現在、イギリスは本島のイングランド・スコットランド・ウェールズ、アイルランド島北方地域の北アイルランドの4つの地域から形成される。それぞれが「国」で、もともとはひとつの国にまとまっていたわけではない。

 特に本島の3国の勢力争いは長く続き、歴史の半ばまでは3国時代といってもいいほどだという。その3国の成り立ちなどの基本をはじめ、ウィリアム1世の支配を確立させた土地台帳「ドゥームズデーブック」から「ブレグジット」まで。108のキーワードで読み解くイギリス史講義。

 (河出書房新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る