「スワン」呉勝浩著

公開日: 更新日:

 物語は、巨大ショッピングモール「スワン」で起こった無差別銃撃事件から始まる。3人組の犯人は、自作の拳銃と家から持ち出した日本刀で、次々に人々を襲った末に死んだ。死者21人、重軽傷者17人という惨劇の生存者に、高校生のいずみがいた。

 いずみは当初被害者として扱われたが、同じく事件に遭遇していた同級生の小梢が、次は誰を殺すかをいずみが犯人に指名したと証言したことでバッシングが始まった。

 そんな中、いずみのもとに、生存者に参加を呼び掛けるお茶会への招待状が届く。被害者の息子である、ある会社の社長が、事件当日の現場でどんなことが起きていたのかを調べるために個人的に弁護士に依頼して会を開いたというのだ。参加したのは、いずみを含めた5人。果たして、当日何が起きていたか、その真相を突き止めることができるのか……。

 2015年に「道徳の時間」で第61回江戸川乱歩賞を受賞してデビューして以来、話題作を続々と発表している著者による最新作。被害者はとっさにどう行動し、生き残った者は事件をどう乗り越えるのか。主人公が覚悟を決めるラストシーンは圧巻だ。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る

人気キーワード