「名馬を読む2」江面弘也著

公開日: 更新日:

 前著「名馬を読む」はJRA顕彰馬32頭の生い立ちやそれを支えた人たちの知られざるエピソードを描いたものだが、ファンの記憶に残っている名馬はその32頭に限らない。本書は前著では取り上げなかった個性的な名馬たちが登場する。

 第1章は「血統と牧場の物語」。牝馬として天皇賞秋と有馬記念の2冠を制したトウメイとその産駒で史上初めて天皇賞母子制覇を果たしたテンメイ。アローエクスプレスと熾烈な戦いをくり広げ競馬ファンの血を熱くしたタニノムーティエとその弟馬で「史上最強の逃げ馬」と称されたタニノチカラの兄弟のほか、シンボリルドルフなどの名馬を生んだシンボリ牧場などが登場する。

 第2章「ライバルの競演」はハイセイコーのライバルのタケホープ、オグリキャップと戦ったイナリワンとスーパークリーク。第3章「時代の変革者たち」はカツラギエース、ミホノブルボン、ホクトベガ。第4章「愛すべき個性」はサクラスターオー、ライスシャワー、ステイゴールド……。

 こうした80年代から90年代に活躍した名馬の名前を挙げるだけでも、競馬ファンは懐かしさが込み上げてくるにちがいない。

(三賢社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る

人気キーワード