「名馬を読む2」江面弘也著

公開日: 更新日:

 前著「名馬を読む」はJRA顕彰馬32頭の生い立ちやそれを支えた人たちの知られざるエピソードを描いたものだが、ファンの記憶に残っている名馬はその32頭に限らない。本書は前著では取り上げなかった個性的な名馬たちが登場する。

 第1章は「血統と牧場の物語」。牝馬として天皇賞秋と有馬記念の2冠を制したトウメイとその産駒で史上初めて天皇賞母子制覇を果たしたテンメイ。アローエクスプレスと熾烈な戦いをくり広げ競馬ファンの血を熱くしたタニノムーティエとその弟馬で「史上最強の逃げ馬」と称されたタニノチカラの兄弟のほか、シンボリルドルフなどの名馬を生んだシンボリ牧場などが登場する。

 第2章「ライバルの競演」はハイセイコーのライバルのタケホープ、オグリキャップと戦ったイナリワンとスーパークリーク。第3章「時代の変革者たち」はカツラギエース、ミホノブルボン、ホクトベガ。第4章「愛すべき個性」はサクラスターオー、ライスシャワー、ステイゴールド……。

 こうした80年代から90年代に活躍した名馬の名前を挙げるだけでも、競馬ファンは懐かしさが込み上げてくるにちがいない。

(三賢社 1700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る