「経済学はどのように世界を歪めたのか 経済ポピュリズムの時代」森田長太郎著

公開日: 更新日:

 アダム・スミスの「国富論」刊行を起源として経済学が始まり、以来約240年の間に新しい学説が次々と生み出されてきた。しかし大学で経済学を学んだ著者は、この学問に対して何か論理を歪曲しているという直感的な不信感を持っていたという。そのもやもやとした感じは、卒業後、大手証券会社で金融の現場に入ってからも拭えなかった。

 本書は経済学のこれまでの歩みを振り返りながら、社会と経済学及び経済政策の関係を見直し、現在の経済学が陥っている問題を明らかにしようというものである。

 アダム・スミスの次に経済学に大きな画期をなしたケインズのマクロ経済学は紆余曲折を経て1980年代に大きな限界に突き当たるが、新たな活動の場を求めて金融政策に深く関わっていく。そこで唱えられた「金融万能政策」が折からの「経済ポピュリズム」の流れに乗って肥大化していく――。著者はこうしたプロセスをたどりながら、安易にポピュリズムに流され、リーマン・ショックのような金融危機を招いた経済学と経済学者の「不作為の罪」を批判する。

 机上の論ではなく、現場から発せられた意見だけに傾聴に値する。

(ダイヤモンド社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

人気キーワード