「図書館司書と不死の猫」リン・トラス著、玉木亨訳

公開日: 更新日:

 ケンブリッジの図書館を定年退職したばかりのアレック・チャールズワースが、休暇先のコテージで、奇妙なメールを読み始めたところから物語は始まる。ウィンタートン博士と名乗るメールの送り主についての記憶は定かでなく、少し前に亡くなった妻が仕事を補佐していたらしいことくらいしか思い浮かばない。

 送られてきたメールには、文書ファイルのほか、芝居の台本のようなテキストと、画像ファイルと音声ファイルが添付されていた。アレックは退屈しのぎにそれらの解読を始めたが、そこにあったのは人と話す猫にまつわるおぞましいストーリーだった。

 帰宅後、この話の真偽に疑問を持った彼は、ウィンタートン博士を訪ねたことで、この恐ろしいストーリーが妻の死に関わっているのではないかと思い始める。その彼の好奇心が、彼自身を追い詰めていくとは知らずに……。

 本書は、英米で大ベストセラーになった「パンクなパンダのパンクチュエーション」などの著作を持つイギリス生まれの作家によるホラー小説。猫好きが卒倒するような邪悪な猫が登場する、予想外の方向へ連れていかれる異色作だ。

 (東京創元社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る

人気キーワード