「スワロウテイルの消失点」川瀬七緒著

公開日: 更新日:

 物語は、杉並区下井草で発見された腐乱死体の司法解剖シーンから始まる。解剖医が遺体にメスを入れる現場に立ち会ったのは、法医昆虫学者の赤堀涼子、警視庁の岩楯刑事とその相棒の深水巡査部長、高井戸署署長、鑑識課長ら。

 死因検証の最中に、死体から次々と大量のウジが孵化し続けるという壮絶な状況に、赤堀以外のメンバー全員がぎょっとしているなか、突如、お互いの体に発疹や出血が起きていることに気づき、何らかの感染症なのではないかとパニックが起きる。

 発疹のみならず強烈なかゆみに襲われた立会人たちは、念のため隔離されることになったが、赤堀はその発疹の原因に思い当たることがあった。仮説をもとに対処法を編み出した赤堀は、この発疹の原因から被害者の事件解明の糸口までをたどっていくのだが……。

 死体に湧く虫の状況とその生態系から犯行の状況や死後の経過の様子までを割り出す「法医昆虫学者」の赤堀涼子が活躍する、法医昆虫学捜査官シリーズの最新作。本作でも、赤堀の推理と捜査線上に浮かんだ人物の証言によって、事件の真相にたどり着くまで一気に読ませる。

 (講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  4. 4
    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

  5. 5
    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

  2. 7
    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

  3. 8
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 9
    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

  5. 10
    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い

    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い

人気キーワード