「彼方のゴールド」大崎梢著

公開日: 更新日:

 主人公は、老舗出版社「千石社」に勤める目黒明日香。入社後営業部に配属になり、このまま営業畑で働くのもいいかも……と思っていた直後、突然総合スポーツ誌「GOLD」編集部への異動の辞令を受けた。

 スポーツが苦手で、経験といえば小学3年生でやめてしまった水泳くらいしかない自分が、ここでやっていけるのかと戸惑いつつも、明日香は体当たりで仕事に飛び込んでいく。

 知らない専門用語に苦労しつつ、取材時に拾った選手たちのふとした言葉や、プロ意識の高いフリーのスポーツライターらに刺激を受けながら、自分なりのやり方を少しずつ見つけていく。そして、アスリートの姿を垣間見る中で、オリンピックを目指していたある友達との古い記憶が蘇ってきたのだが……。

 本作は、出版社を舞台にした人気の「千石社シリーズ」第4弾。今回は、スポーツ誌を舞台に奮闘する新米記者が、アスリートの葛藤やドラマを目撃。

 彼らを追いかけながら自身を成長させていく、爽やかなお仕事小説になっている。オリンピックイヤーに向けて過熱していく、スポーツを伝える現場の臨場感が伝わってくる。

(文藝春秋 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る