「宇宙船の落ちた町」根本聡一郎著

公開日: 更新日:

 大学卒業後、日雇いアルバイトで暮らす佑太はある日、人気アイドルグループの握手会スタッフとして働く。終了後、トップアイドル・りさから紙片を渡される。紙にはLINEのIDが記されていた。疑心暗鬼でスマホに登録すると、りさらしき人物からメッセージが届く。りさはなぜか佑太に、彼の故郷である宇多莉町に連れていってほしいという。

 10年前、佑太の家の裏山にフーバー星からの宇宙船が漂着。フーバー星人たちは難民として受け入れられ、社会に定着する一方、宇多莉町は危険区域に指定され立ち入りが制限されていた。理由は会ってから話すというりさは翌日、長期休養を発表して、本当に佑太の前に現れる。

 人間と異星人の共生について描く長編。

(角川春樹事務所 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る

人気キーワード