「クオリティランド」マルク=ウヴェ・クリング著 森内薫訳

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、世紀の経済危機を契機に生まれた新国家「クオリティランド」。危機から脱出するため企業コンサルタントによって国家名もかえた新国家では、国民はあらゆる情報によって1~100のレベルにランク付けされている。

 人々は、仕事から人間関係までがアルゴリズムで最適化されており、車は自動運転、買い物は注文しなくても本人が望んでいると判断されたものが自動的にドローンで届くようになっている。

 主人公のペーター・ジョブレスのレベルは10。まともに扱われるギリギリのラインにいる状態だ。ところが、あることを契機に役立たずといわれる1桁レベルに転落してしまい、さまざまな不都合に直面することに。

 あるとき、欲しくもない商品が届いたことに腹を立てて、返品しようとするのだが、そこには巨大なシステムの壁が立ちはだかっていた……。

 2017年にドイツで出版されて大ヒットした「QUALITYLAND」が原作。AIで情報が集約&管理された世界で起こるさまざまな出来事を風刺的に描く。SFのはずが、事象の多くがすでに現実になりつつあることに背筋が凍る。

(河出書房新社 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る

人気キーワード