「クオリティランド」マルク=ウヴェ・クリング著 森内薫訳

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、世紀の経済危機を契機に生まれた新国家「クオリティランド」。危機から脱出するため企業コンサルタントによって国家名もかえた新国家では、国民はあらゆる情報によって1~100のレベルにランク付けされている。

 人々は、仕事から人間関係までがアルゴリズムで最適化されており、車は自動運転、買い物は注文しなくても本人が望んでいると判断されたものが自動的にドローンで届くようになっている。

 主人公のペーター・ジョブレスのレベルは10。まともに扱われるギリギリのラインにいる状態だ。ところが、あることを契機に役立たずといわれる1桁レベルに転落してしまい、さまざまな不都合に直面することに。

 あるとき、欲しくもない商品が届いたことに腹を立てて、返品しようとするのだが、そこには巨大なシステムの壁が立ちはだかっていた……。

 2017年にドイツで出版されて大ヒットした「QUALITYLAND」が原作。AIで情報が集約&管理された世界で起こるさまざまな出来事を風刺的に描く。SFのはずが、事象の多くがすでに現実になりつつあることに背筋が凍る。

(河出書房新社 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る