「善意という暴力」堀内進之介著

公開日: 更新日:

 複雑化する現代の社会システムで起きる間接的、潜在的な不公平・不正義=構造的な暴力は、誰かの悪意に基づくものではない。それを生み出す構造自体はむしろ善意によって動かされていると政治社会学者の著者は指摘する。

 本書は、国家のような集権的な支配ではなく、分散的でネットワーク的な母性的支配がもたらすそうした暴力について考察したテキスト。

「不謹慎だ!」「当事者の身になってみろ!」と何かにつけて自分には関係のない誰かを糾弾する声が日増しに大きくなっている。人をそうした行為に仕向ける進化の過程で獲得した認知システムや、「相手の気持ちがよく分かる」という共感力が引き起こす罠など。

 人間と社会システムの双方に潜む現代の病理をあぶり出し、変革のための方法と理念を提示する。

(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る

人気キーワード