「善意という暴力」堀内進之介著

公開日: 更新日:

 複雑化する現代の社会システムで起きる間接的、潜在的な不公平・不正義=構造的な暴力は、誰かの悪意に基づくものではない。それを生み出す構造自体はむしろ善意によって動かされていると政治社会学者の著者は指摘する。

 本書は、国家のような集権的な支配ではなく、分散的でネットワーク的な母性的支配がもたらすそうした暴力について考察したテキスト。

「不謹慎だ!」「当事者の身になってみろ!」と何かにつけて自分には関係のない誰かを糾弾する声が日増しに大きくなっている。人をそうした行為に仕向ける進化の過程で獲得した認知システムや、「相手の気持ちがよく分かる」という共感力が引き起こす罠など。

 人間と社会システムの双方に潜む現代の病理をあぶり出し、変革のための方法と理念を提示する。

(幻冬舎 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る