「人生を変えるサウナ術」松尾大氏

公開日: 更新日:

 サウナが大ブームだ。サウナを題材にした漫画「サ道」やTVドラマが注目され、オリエンタルラジオの藤森氏など若いサウナー(サウナ愛好者)芸能人や経営者が増え、サウナを軸にした旅行企画も人気だ。本書はそんな今どきのサウナ事情や、正しい入り方を紹介する教科書的な一冊。共著者のひとりで、年間400カ所以上サウナに入るという松尾氏は、サウナ効果か、お肌がツルツルだ。

「『汗だくで耐える昭和のおじさん』的なイメージがあって、サウナが苦手だという人はまだ多いですよね。それは今までの入り方が根本的に間違っていたせいなんです。超高温の中、苦しくても我慢比べみたいに耐えて、水風呂にザブーンとした後、またすぐサウナ室に入る……という。これじゃサウナの気持ちよさを全く味わえず、ナンセンスです。サウナ大国フィンランドでは誰もそんな入り方をしていないし、そもそもカラカラで高温のトースターみたいなサウナは日本だけ。もっとウエット&マイルドなのが普通なんです」

 本書によると、フィンランドでは「サウナの魂」とまでいわれるロウリュ(サウナストーブに水をかけ蒸気を発生させること)が、日本でサウナが普及する際、なぜか伝わらなかった。高温で乾燥したサウナは苦しいし、肌や喉にもよくない。

 最近はロウリュができるサウナも増え、またロウリュができなくても正しい入り方をすることで、サウナの効果を得られると著者は強調する。

「サウナ室→水風呂→休憩というセットが基本ですが、一番重要なのが休憩です。休憩こそサウナ最大の効果である『ととのう』が感じられる時間。科学的にいえば、サウナ室と水風呂で交感神経優位になったところに、休憩で一気に副交感神経優位にスイッチする。ここで究極のリラックス状態になって、肌の汗も引き、でも体の芯は温まっていて、屋外の休憩スペースなら感覚が研ぎ澄まされた産毛に心地いい風を感じる。僕はこれを『地球の愛撫』と呼んでいます(笑い)」

「ととのう」とは「心と体がリフレッシュされた、調和の取れた理想的な状態」になることだ。「ととのう」ことで、ストレス社会の現代人が抱える不眠、生活習慣病、免疫力低下などの改善から、精神的安定、仕事の能率アップ、モテるなどさまざまな効果があると詳しく紹介されている。

「運動や流行のマインドフルネスでも似た効果がありますけど、何といってもサウナは努力が一切いりません。値段も1000~3000円と手頃で、道具も準備もいらない。裸っていうのが結構ポイントで、仕事でも趣味でも、服装や持ち物で相手を判断しちゃうことってやっぱりあるじゃないですか。その点、サウナはみんな平等にすっぽんぽん。スマホの情報からも強制的に遮断されて、木製の室内で裸でストーブを囲むのは、森の中でたき火を囲むような、原始に返るような体験なんです」

 入る際の注意点やサウナをより楽しむためのコツ、そしてビジネスホテルからディープな穴場まで全国約40カ所、フィンランドを中心にニューヨークやドイツなど世界各地のサウナ情報も満載だ。数ある施設から、いいサウナに出合うコツはあるのだろうか?

「例えば僕がよく行くところは、最新の施設じゃないけど、地元の常連さんたちの無言の連携や掛け合いが何とも気持ちいい。タオルで熱波を送るサービスを楽しみに選んでも、ロウリュや心地いい休憩スペースや食事所を目当てにしてもいい。『サウナイキタイ』という情報サイトは口コミもあって便利なので、自分が興味のあるポイントから選んだらいいですよ」

(KADOKAWA 1400円+税)

▽まつお・だい サウナー専門ブランド「TTNE」代表。フィットネスクラブや福祉施設等を経営する傍ら、サウナのプロデュースやサウナ関係の執筆、メディア出演等幅広く活躍。フィンランド政府観光局認定サウナアンバサダー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

人気キーワード