「希望という名のアナログ日記」角田光代著

公開日: 更新日:

 著者が作家を夢見たのは小学校1年生のとき。テレビを見るより、出掛けるよりも本が好きで、読み書きができるようになって初めて書いた作文に、「作家になりたい」と決意表明したのだ。やがて作家になる“夢”は将来の目標になり、大学1年のとき、少女小説で新人賞をもらいデビューする。ところが、自分が書きたいものとは違うと気が付いてしまい、本も売れず、大学卒業間際には担当者から「クビ」を宣告され、まさかの無職に……。

 今や大人気作家の著者が23歳で出直しデビューしてから、直木賞受賞までの間の挫折、母との別れや離婚、受賞以降の仕事観、旅など半生とプライベートをつづったエッセー。

 夢は放っておいてもかなう人もいるが、自分にとってのそれは正しい努力をして初めて手に入るものという著者が再婚する気になった理由、大好きな忌野清志郎の魅力、さらには那覇マラソン、住んでいる町の素顔まで日々の暮らしを描いた全50編を収録。

(小学館 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る