「タイガー理髪店心中」小暮夕紀子著

公開日: 更新日:

 主人公は、83歳になった今も理髪店を続けている寅雄。昭和スタイルの髪形にこだわっているせいか客足もめっきり減ったが、妻・寧子と共に店を毎日きれいに整え、客を待つ生活に不満を持つこともなかった。しかし最近、寧子は好きだった花の名前を思い出せず何度も聞き直したり、聞こえるはずもない子どもの泣き声がすると言ったりで、寅雄は不安を覚え始める。そんなことが続いていたある夜、水切りカゴに伏せられていた茶碗がカチャリと音を立てたのが合図だったかのように、寧子の豹変(ひょうへん)が始まった……。

 本作は、第4回林芙美子文学賞受賞作品。穏やかな日々の中で密かに進行する異変に狼狽(ろうばい)する老夫婦が、これまでの生活の中で蓋をしてきた過去の出来事や、自分の中にあった思いがけない感情に直面する様子を描く。お互いの老いを自覚しつつ、いつか来る死を思う老老介護の日々とはどんなものなのか。孤独感と不安感を映し出すかのような寅雄の目が捉えた光景のひとつひとつの描写が秀逸だ。

 幼少時に亡くした母の記憶を反すうする老女の物語「残暑のゆくえ」も収録されている。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る