「パレスチナを生きる」渡辺丘著

公開日: 更新日:

 2017年12月6日、トランプ米大統領は「エルサレムをイスラエルの首都と認定する」と発表。この唐突な宣言に反発したパレスチナ自治区・ガザ地区の武装組織とイスラエル軍との紛争が勃発。また同区の住民たちは「帰還の行進」と名付けられた抗議デモを開始し、これを阻止するイスラエル軍の攻撃により多くのパレスチナ人の死傷者が出た。

 著者は2014年から19年まで朝日新聞のエルサレム特派員として中東報道に携わった。本書は、ニュース報道では伝えづらい、空爆下に暮らすパレスチナの人々の等身大の姿を描いたもの。「帰還の行進」デモの参加者、ヨルダン川西岸地区におけるユダヤ人入植地の実態、右傾化が進むイスラエルの現実、そしてパレスチナと日本をつなぐ「懸け橋」となっている人たちなどが登場する。

 周囲を巨大な壁で囲まれ「天井なき監獄」と呼ばれるガザ地区では、若者の失業率が7割を超え世界最悪の水準とされるが、東日本大震災の被災者との友情を深める子どもたちや、厳しい制約の中、IT起業した若い女性など、数字では表せないパレスチナの人々のナマの声を伝えてくれる。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る