「後家殺し」山本一力著

公開日: 更新日:

 腕のいい大工として評判の熊五郎は、酒にのまれすぎるのが玉にきず。飲みすぎないようにと女房のおとくからクギをさされていたにもかかわらず、棟梁から前借りしていた金を酒の勢いもあって遊郭ですべて使ってしまった。遊郭での様子を開き直って話す熊五郎に飽きれ果てたおとくは、息子の亀吉を連れて家を出てしまう。

 3カ月後、吉原で仲良くなったおそめが熊五郎のもとにやってきたが、家事を一切しないおそめに我慢できなくなった熊五郎は、おそめと別れることを決意。改めておとくと亀吉を思い起こす羽目に。そんな状況から3年半後、酒をやめ、まじめに働くようになっていた熊五郎に思わぬ出会いが訪れる……。(「子別れ」)

「子別れ」「景清」「後家殺し」「火事息子」「柳田格之進」の5つの落語演題を、小説化した短編小説集。前作「芝浜」に続く、人気の落語演題シリーズだ。落語ファンが演題と比べて楽しむのもよし、落語を知らない人が本書をきっかけに落語を聞いてみるのもよし。人情味あふれる温かい人間模様に見え隠れする、人間の持つ弱さや優しさが心を和ませてくれる。

(小学館 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る