「後家殺し」山本一力著

公開日: 更新日:

 腕のいい大工として評判の熊五郎は、酒にのまれすぎるのが玉にきず。飲みすぎないようにと女房のおとくからクギをさされていたにもかかわらず、棟梁から前借りしていた金を酒の勢いもあって遊郭ですべて使ってしまった。遊郭での様子を開き直って話す熊五郎に飽きれ果てたおとくは、息子の亀吉を連れて家を出てしまう。

 3カ月後、吉原で仲良くなったおそめが熊五郎のもとにやってきたが、家事を一切しないおそめに我慢できなくなった熊五郎は、おそめと別れることを決意。改めておとくと亀吉を思い起こす羽目に。そんな状況から3年半後、酒をやめ、まじめに働くようになっていた熊五郎に思わぬ出会いが訪れる……。(「子別れ」)

「子別れ」「景清」「後家殺し」「火事息子」「柳田格之進」の5つの落語演題を、小説化した短編小説集。前作「芝浜」に続く、人気の落語演題シリーズだ。落語ファンが演題と比べて楽しむのもよし、落語を知らない人が本書をきっかけに落語を聞いてみるのもよし。人情味あふれる温かい人間模様に見え隠れする、人間の持つ弱さや優しさが心を和ませてくれる。

(小学館 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード