「アリバイ崩し承ります」大山誠一郎著

公開日: 更新日:

 新しい職場に着任後、初めての休み、「ぼく」は新しく住むことになった街を散策。アーケード式の「鯉川商店街」を歩いていると年季の入った時計屋が目につく。腕時計の電池交換のために入店すると、壁に「アリバイ崩し承ります」と怪しげな張り紙があった。

 店主の時乃に尋ねると、先代の祖父が始めたという。アリバイがあると主張する人は、何時何分にそこにいたと言うが、つまり時計が主張の根拠になっているのだから、時計屋こそがアリバイの問題をもっともよく扱えるということらしい。新米刑事のぼくは、その祖父からアリバイ崩しの仕方を伝授されたという時乃に、捜査中の難事件についてつい相談を持ち掛ける。

 時乃が7つの事件のアリバイ崩し・アリバイ探しに挑む連作ミステリー。

(実業之日本社 680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る