「甘夏とオリオン」増山実著

公開日: 更新日:

 寄席小屋、南條亭に向かう途中、弟子の甘夏に「今日は神農さんの祭りの日や」と言って電車を降りたまま、落語家の桂夏之助は姿を消した。いつまで経ってもその行方は知れない。

 甘夏が入門するきっかけになったのは、大学3年のとき、引っ越しの手伝いで、バイト料の他にご祝儀3000円をもらったことだった。落語に興味はなかったが、南條亭の前を通りかかったら入場料が3000円だったので、切符を買って木戸をくぐった。そこには子どもの頃、憧れていた「突き抜けたアホたち」がいたのだ。その日、「宿替え」を演じたのが夏之助だった。

 師匠に取り残された一門を守るため、居候している銭湯で寄席を開いた落語家の物語。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る