「東京笑芸ざんまい」高田文夫著

公開日: 更新日:

 高田が2012年に不整脈で倒れてから、仲間が「散歩の会」を始めてくれた。そのメンバーのひとりが、ライザップで30キロもやせたと噂の松村邦洋。

 松村は2009年、東京マラソンで倒れた。倒れたのが品川だったので、高田ら落語マニアは、ひとり「品川心中」だと思った。「品川心中」の女郎の名が「お染」だったので、松村が「遅め」をかけて「足が“おそめ”でした」。うまい。敷布団3枚!!! その松村と不整脈を起こして8時間心肺停止状態だった高田のデュエット曲は「私のハートはストップモーション」。退院時は杖を突いていた高田は、散歩のおかげで杖なしで1万5000歩歩けるようになった。

 笑芸シリーズ3部作の完結編。

(講談社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る