「東京笑芸ざんまい」高田文夫著

公開日: 更新日:

 高田が2012年に不整脈で倒れてから、仲間が「散歩の会」を始めてくれた。そのメンバーのひとりが、ライザップで30キロもやせたと噂の松村邦洋。

 松村は2009年、東京マラソンで倒れた。倒れたのが品川だったので、高田ら落語マニアは、ひとり「品川心中」だと思った。「品川心中」の女郎の名が「お染」だったので、松村が「遅め」をかけて「足が“おそめ”でした」。うまい。敷布団3枚!!! その松村と不整脈を起こして8時間心肺停止状態だった高田のデュエット曲は「私のハートはストップモーション」。退院時は杖を突いていた高田は、散歩のおかげで杖なしで1万5000歩歩けるようになった。

 笑芸シリーズ3部作の完結編。

(講談社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る

人気キーワード