「落語小説集芝浜」山本一力著

公開日: 更新日:

 時代小説の名手が古典落語を小説化した作品集。

 鮮魚の担ぎ売りの勝治郎は、酒好きがたたって信用を落としてしまう。恋女房のおしのに泣きつかれ、心を入れ替えて半年ぶりに仕事に出かけた勝治郎は、ひょんなことから市場近くの浜辺で大金が入った財布を拾う。仕事を放り出して帰宅した勝治郎は、さっそく朝湯、朝酒。このままでは元のもくあみと心配したおしのは、一計を案じる……。

 このお馴染みの「芝浜」も、書き出しから嘉永4年の出来事と年月日を特定、夫婦が天保3年の大洪水で身内を失っているなど落語では語られない設定も細かく描かれる。その鮮やかな筆力は、分かっている「落ち」でも新たな感動を生み出す。

 ほか、「井戸の茶碗」など人情味あふれる全5演目を収録。

(小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る