「フィンセント・ファン・ゴッホの思い出」ヨー・ファン・ゴッホ=ボンゲル著 林卓行監訳 吉川真理子訳

公開日: 更新日:

 クリスマスの前日、ゴッホの弟テオは婚約者のヨーとオランダに行く予定だったが、ゴッホと共同生活をしていたゴーギャンから電報を受け取り、アルルへ向かった。

「高熱による発作」に襲われたゴッホが耳の一部を切り取り、娼婦にプレゼントとして渡した。大騒ぎになり、捜査に入った警察が、意識不明でベッドに倒れているゴッホを発見したのだ。そのときは回復したゴッホは、後にピストル自殺した。

 ゴッホの最大の理解者だったテオも、半年後に世を去る。その妻ヨーは残されたゴッホの膨大な手紙を整理し、遺族の話を聞いて、35年かけて伝記をまとめ、ゴッホの回顧展を開く。

 ゴッホの名を世に広めた義妹の日記。解説付きでゴッホの作品も掲載。

(東京書籍 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る