「絶滅野生動物事典」今泉忠明著

公開日: 更新日:

 自然界で起きる絶滅は次に進化する子孫を残すフィルターの効果があるが、人類が起こす絶滅は、自然が必要としている生き物を一種ずつ根絶やしにしている。本書は、産業革命に端を発する人類による大絶滅以降に地上から消えた主な哺乳類と鳥類を解説する「やるせない」動物図鑑。

 かつてオーストラリアなどで生態系の頂点にいた「フクロオオカミ」。タスマニア以外では既に絶滅していたが、タスマニアでもヒトの移住が始まった18世紀に激減。家畜を襲う「ハイエナ」として虐殺されたのだ。1930年代に保護獣に指定されたが、60年以降の目撃情報はないという。

 他にも日本に分布するものだけが絶滅してしまったカラスバト類など。120余種のデータと絶滅に至る物語を紹介。

(KADOKAWA 1360円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード