「アフターマン」ドゥーガル・ディクソン著 G・Masukawa訳

公開日: 更新日:

 今から5000万年後の地球。人類は滅亡して久しく、人類によって破壊された自然が回復したら、動物たちはどのように進化し、どのように暮らしているのか。

 本書は、緻密な考証から、そんな動物たちを紹介する空想図鑑。

 進化を推測する前提は、地球環境、気候、植生の分布などが現在とよく似ていること。そして絶滅が危惧されていた動物や、人間の世話が必要な家畜類は絶滅したと仮定。そうすると、カラスなどの鳥類やネズミやウサギなど、人間が害獣とみなし、しかし、どうしても根絶できなかった動物たちが、未来の野生動物の種となるという。

 生物が暮らしやすい温帯域は、人類時代に大きなダメージを受け、多くの生物が絶滅。わずかに生き残ったものが、温帯森林地方の生物に進化した。中でも、かつて繁栄したシカ類の生態的地位を引き継いで成功したのが、ウサギが進化した「ラバック」の仲間だ。

 初期のラバック類は先祖のように跳躍していたが、その後、入り組んだ森林を移動できるようシカ類そっくりの体形に進化。脚の構造も変化して、走り回るようになっている。

 その他、針葉樹林地帯に生息する頭の角が板状に変化して顔面が覆われた偶蹄類「ホーンヘッド」や、ソーセージ状のピンクの体にシャベルのような四肢を持ち砂漠地帯で暮らす「デザート・シャーク」、太平洋の島で独自の進化を遂げた地上コウモリ「ナイト・ストーカー」(表紙)など。生息地域別に出現するかもしれないさまざまな動物たちの生態や進化の過程を、精緻なカラーイラストを添えて解説する。

 誰も見ることができない「もしも」の世界をリアルに描いた名著の児童書版だが、大人でも十分楽しめる内容の濃さだ。

(学研プラス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る

人気キーワード