「環境再興史」石弘之著

公開日: 更新日:

 1960~70年代にかけて、日本各地で大気や水、土壌が汚染され、騒音や悪臭に脅かされ、公害病が蔓延。野生動物も姿を消し、世界最悪の汚染とまでいわれた。こうした時代をくぐりぬけ、現在は世界のお手本といわれるまでに環境を取り戻している。

 乱獲と生息地の破壊で一時は絶滅したといわれていたタンチョウヅルは、1800羽を超えるまでに回復。泡だらけだった多摩川には年間1000万匹以上のアユが遡上し、深刻な大気汚染都市だった川崎市は「もっとも住みたい町」にランクインするなどの事実が、その劇的な回復ぶりを表している。 

 本書では、普段はニュースなどで取り上げられることが少ないそんな日本の環境の再生への軌跡と、携わった人々の尽力を紹介する。

(KADOKAWA 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る