「環境再興史」石弘之著

公開日: 更新日:

 1960~70年代にかけて、日本各地で大気や水、土壌が汚染され、騒音や悪臭に脅かされ、公害病が蔓延。野生動物も姿を消し、世界最悪の汚染とまでいわれた。こうした時代をくぐりぬけ、現在は世界のお手本といわれるまでに環境を取り戻している。

 乱獲と生息地の破壊で一時は絶滅したといわれていたタンチョウヅルは、1800羽を超えるまでに回復。泡だらけだった多摩川には年間1000万匹以上のアユが遡上し、深刻な大気汚染都市だった川崎市は「もっとも住みたい町」にランクインするなどの事実が、その劇的な回復ぶりを表している。 

 本書では、普段はニュースなどで取り上げられることが少ないそんな日本の環境の再生への軌跡と、携わった人々の尽力を紹介する。

(KADOKAWA 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード