「白村江」荒山徹著

公開日: 更新日:

 百済の義慈は、父王の逝去を機に後継者に推戴される予定だった異腹弟の豊璋を廃王子し、王座を得る。さらに義慈は新羅征討に乗り出し、難攻不落の大耶城を陥落。一方、流罪となった豊璋は暗殺される寸前に突如現れた、倭国の蘇我入鹿によって救出される。義慈は、倭国との関係を考慮して様子見を決め込む。同じ頃、新羅の春秋は女帝・徳曼をお忍びで訪問。徳曼の最愛の情人でもある春秋は国家衰亡の危機に際し、高句麗との同盟を提言。徳曼を説得して、自ら密使となり高句麗の重臣・蓋蘇文に接近する。一方の倭国では蝦夷と入鹿の親子が虎視眈々と皇位の簒奪(さんだつ)をもくろんでいた。

 白村江の戦いに至るまでの21年間を壮大なスケールで描く時代大河。

(PHP研究所 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード