「不条理を生きるチカラ」佐藤優、香山リカ著

公開日: 更新日:

少数者排除

 ともに1960年生まれで還暦を迎えた元外交官の作家と精神科医が語り合う「コロナ禍が気づかせた幻想の社会」(副題)。高度成長後、バブル時代のポストモダンブームに沸いた日本ではすべてを「シミュラークル」(模造品)とする相対主義が蔓延した。

 しかし同時代のソ連では「本音と建前が全然別で、同時に共産主義という大きな物語なんか誰も信じてない」。つまり日本とはまったく違う「すべてがポストモダン的」な現実があったという。

 そんな若き日を回顧しながらバブル崩壊からリーマン・ショックを経てコロナショックまでにいたる現代日本の歩みを、一見、対照的な2人の視点で縦横に論じ合う。マルクスやドストエフスキーからポストモダン思想、はてはNHKの安倍政権への「忖度」問題や「東京タラレバ娘」までを俎上に載せる。

 沖縄の基地問題でも、精神医療の現場でも、少数者排除を見て見ぬふりする動きが強まるばかりの日本社会。その不条理から逃げずに立ち向かおうというメッセージが明確だ。

(ビジネス社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る