「ゲット・バック・ネイキッド」藤本国彦著

公開日: 更新日:

 1970年の6月、ビートルズの最後のアルバム「レット・イット・ビー」が写真集付きのボックスセットとして発売され、高校生の身としては高価ではあったが思い切って購入。同じ年の夏には同名の映画も公開され勇んで出かけたが、見終わった時のなんとも言えない重苦しい気分を覚えている。4人のぎすぎすしたやりとりが全体に暗い影を落とし、どうしてこんなことになってしまったのだろう、と……。

 長年気になっていたあの映画の背景を明らかにしてくれるのが本書だ。メンバー4人が個々の活動を始めて求心力を失ったビートルズは、原点に立ち返る(ゲット・バック)べく、新たなアルバム作りとそれに伴う映画製作を行うことにした。この“ゲット・バック・セッション”は1969年1月2~15日(トゥイッケナム・スタジオ)、20~31日(アップル・スタジオ)で行われ、30日には有名なルーフトップ・コンサートが開かれた。

 本書はこの22日間に何が起きていたのかを、あらゆる資料を駆使しながら再現したもの。残された音源から当時の会話を文字に起こし、時にメンバー間の激しい言い合いなども生々しく伝えてくれる。

 なんとかバンドを一つにまとめようと努力するも、自分流儀を押しつけることに反発を買うポール。自分の曲を評価してくれないジョンとポールに苛立ちを隠さないジョージ。ヨーコとの関係を第一に考えるジョン。ほとんど口をきかず静観するリンゴ。それでも、曲作りは進んでいき、当初「ゲット・バック」と名付けられていたアルバムは、「アビイ・ロード」と「レット・イット・ビー」の2つに分かれて発表される――。

 70年当時は、ビートルズ解散の原因はオノ・ヨーコの存在に押しつけられていた感じだったが、本書を読むとそんな単純なものではないことがよくわかる。また当時の映画・アルバムがかなりバイアスがかかったものだったことも。来年にはピーター・ジャクソン監督による“ゲット・バック・セッション”の新編集映画が公開されるという。 <狸>

(青土社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る