「エゴ・ドキュメントの歴史学」長谷川貴彦編

公開日: 更新日:

「エゴ・ドキュメント」とは一人称で書かれた資料を示す歴史用語で、手紙、日記、旅行記、回想録、自叙伝といった形態の史料が対象となる。公的な記録からではなく、語り手の視点から外側の世界を見ることでこれまで気づかなかった側面に光が当てられる。一方で主観的な思い込みや記憶違いといったことも入り込んでくるのでその扱いには慎重を要する。

 本書には、中世末期イタリアの魔女裁判における証言の改ざんと修正、18世紀フランスの書簡体小説、江戸末期の遊女の日記、第2次大戦末期のドイツにおける「噂」など、8人の研究者による8つの論考が収められ、エゴ・ドキュメントの多様な形態とその新たな文脈による読み解きを示した共同研究である。

 たとえば16世紀初頭、ローマ北部の小都市でベレッツァという女性が、魔術によってある人物を殺害したとして魔女裁判にかけられた。当初は否認するが拷問によって魔女であると自白、最後は自死してしまう。ベレッツァは当時の民衆女性としては珍しく読み書きができ、自ら「告白」を書いたのだが、それを審問記録に転写する際に大幅な改ざんが行われた。

 要するに、当時の社会規範に沿う形で彼女を魔女に仕立て上げたことがわかる。

 一方、江戸の遊女たちの日記も意図は違うが、やはり役人によって書き換えられていた。江戸末期、新吉原の遊郭の抱え遊女16人が共謀して店に放火し、直後に名主宅に駆け込んで自首するという事件が起き、その調書が残されている。その調書の基になったのが遊女たちが書いた日記だ。そこには店主の横暴、暴力、搾取ぶりがつづられている。遊女たちが書くのは簡単な漢字が交じった平仮名の未熟な文章で、それを役人が漢字に変換し添削しているのだ。

 ベレッツァも遊女たちも稚拙な文字と文章とで自分たちが置かれた境遇について訥々(とつとつ)とつづっていく。そこからは「魔女」や「遊女」という一般名詞にくくられない、血の通ったエゴ(自己)の声が聞き取れる。 <狸>

(岩波書店 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る